「ダイエットしても結果が出ず、ちょっと油断するとあっという間に太ってしまう」タイプの人って結構多いですよね。

そんな「痩せにくく太りやすい」という方、もしかしたら『モナリザ症候群』かもしれません。

 

今回は、『モナリザ症候群』の原因と痩せるための対策を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


 

モナリザ症候群の原因は?

『モナリザ症候群』の重要な鍵を握るのは、“交感神経の働き”です!

 

私達の体には、交感神経と副交感神経があり、この2つの神経で成り立っているのが自律神経。

 

・交感神経:活動している時、緊張やストレスを感じている時など、昼間よく働く。

・副交感神経:睡眠時や休息をとっている時、リラックスしている時など、夜によく働く。

 

この2つの神経は交互に働いているため、片方が働いている時、もう片方はお休みしています。

人間は交感神経と副交感神経のバランスによって、健康を維持しているというわけです。

 

ところが、夜勤の仕事など夜型の生活中心になってしまうと、昼間の活動が活発でないため交感神経の働きが鈍くなっていきます。

そうすると、エネルギー消費量も低下し、余ったエネルギーは脂肪として蓄積。

最悪、“太りやすい体”になってしまうのです。

これが、モナリザ症候群になってしまう原因のようですね。

実際、肥満に悩んでいる日本人の約7割が、モナリザ症候群だと言われています。

 

ちなみに名前の由来は、

「Most obesity known are low in sympathetic activity(大抵の肥満は交感神経の働きによるものである)」

スポンサーリンク


この文章からきています。

アルファベットの頭文字を組み合わせると“モナリザ”になるから、だそうです。

 

痩せるための対策は?

日の光を浴びる

朝起きたらまず、カーテンを開けて太陽の光を浴びるようにしましょう。

日光を浴びることで、体内が活動モードに切り替わり、自律神経が整いやすくなります。

また、幸せホルモン“セロトニン”が増えますので、心のバランスを整えるという意味でも効果的です。

 

規則正しい生活をする

“規則正しい生活”は、健康を保つための大原則ですが、モナリザ症候群予防の観点からも大変重要な項目のようです。

これも、夜勤の方にモナリザ症候群が多い理由のひとつと考えられています。

夜勤の方はなかなか難しいかも知れませんが、

 

・1日3食きちんと食べること

・昼間はなるべく動いて、できるだけエネルギーを使う

・夜はしっかり休む

 

本当はこれが理想なんですよね。

昼夜の逆転は自律神経の乱れに繋がりやすいので、生活のリズムを整えることが必要です。

 

運動をする

毎日少しずつで良いので、体を動かして交感神経を活発化させましょう。

急に激しい運動は無理!時間もない!という方は、軽めのストレッチで充分です。

朝起きてからでも、休憩中でもいつでも大丈夫なので、気がついた時にちょっと体を動かす癖をつけると良いですね。

 

まとめ

『モナリザ症候群』初めて聞いた時は「?」という感じでしたが、調べてみると納得できることばかりでした!

やはり規則正しい生活って本当に大事なんですね。

私も以前夜勤のある仕事をしていたので、とても良く分かります。

当時は、体内リズム乱れまくりでした(笑)

未だに油断すると夜更かししてしまうので、気をつけようと思います!

 

スポンサーリンク