みなさん、“お祭りの出店”と言えば何を思い出しますか?

かき氷、射的、お好み焼きなど、いろいろあると思いますが、私は“金魚すくい”が頭に浮かびます。

子供の頃、大して上手くもないのに何度も挑戦して、お小遣いがなくなったり・・・なんてこともよくありました(笑)

 

ところで、今『電話ボックス金魚』という観光スポットが話題になっていることをご存知でしょうか?

電話ボックス?金魚?

気になったので調べてみました!

スポンサーリンク


『電話ボックス金魚』とは?

『電話ボックス金魚』とは、読んでそのまま、電話ボックスに金魚がいるんです!

それだけだと意味不明ですよね。

百聞は一見にしかず、どうぞご覧ください!

 

ダウンロード

 

 

 


電話ボックスを金魚鉢に見立ててしまうという発想がスゴイですよね!

 

これは元々、アートイベントの展示用に作られたものらしいのですが、その後解体はされず、カフェのオーナーさんがお店の敷地内に移動させ、商店街や有志の方と協力して金魚の世話をしているとのこと。

スポンサーリンク


観光スポットにもなってるようですし、「町の人達が協力して守ってる」というのが良いですね。

 

 

住所とアクセスは?

電話ボックス金魚の場所ですが、奈良県大和郡郡山市の柳町商店街にあります。

カフェ『K COFFEE』の敷地内入り口に設置してあるそうで、見物客もたくさん来るみたいですよ。

 

以下、喫茶店の住所とアクセスです。

【住所】

奈良県大和郡郡山市柳4-46

 

【アクセス】

近鉄橿原線 近鉄郡山駅から徒歩10分

JR大和路線 JR郡山駅から徒歩15分

 

⇒ K COFFEE ホームページ

 

どうやら大和郡郡山市は、元々金魚の養殖が盛んで、町全体で金魚を推しているようですね。

そのため、マンホールやガードレール、街灯までもが金魚一色。

町の中を散歩するだけでも楽しいかもしれません。

 

 

まとめ

この『電話ボックス金魚』が話題になってから、町を訪れる観光客も増えたようですね。

アイディアが斬新ですし、「写真ではなく実物を見てみたい」と思わせるほどキレイですから。

気になる方は是非、大和郡郡山市に行ってみてください!

スポンサーリンク