多くの方が悩んでいると言われている「薄毛」。

一度抜けてしまえば、ワカメを食べようが育毛剤を使おうが、なかなか改善されないですよね・・・。

そんな中、薄毛に効果があるドライヤー『HAIRBEAUZER Ex-celleMium2(ヘアビューザー)』が美容業界を中心に話題となっているようです!

 

今回は、そのスペシャルなドライヤーについて調べてみました!

スポンサーリンク


ヘアビューザーとは?

ヘアビューザーは、株式会社リュミエリーナの製品です。

独自に開発した「バイオプログラミング」テクノロジーが、細胞分子を活性化させ、冷風でも髪が潤いツヤが出る他、ハリとコシも実感できるという優れもの。

特殊なセラミックによって複数の遠赤外線を発生させることが特長。

水分子の活動を活発化させる働きを持つ遠赤外線を当てることで毛髪の水分密度が上がり、潤いを取り戻す。

 

なるほど、髪には良さそうですね!

髪の毛が生えると言うよりは、“髪を育てる”という感じなのでしょうか。。。

 

「なんだ、生えるわけじゃないんだ・・・」とガッカリしたそこのあなた!

育毛効果も期待できるのでは?という医師の意見もあるようですよ!

遠赤外線は光線の波長が長いので頭皮の内側まで届く。つまり頭皮の内側の血行を促進する効果が考えられます。

髪の栄養となるアミノ酸やミネラル、ビタミンなどは頭皮に張り巡らされた毛細血管を通して毛根に運ばれます。血行を促進することで髪が生えやすい栄養状態となるのです。要は育毛サロンなどで行なう頭皮マッサージと似たような効果になっている可能性があるのです。

発毛効果がある医薬品成分として知られるミノキシジルは、もともと血管拡張剤として開発されたことからわかるように、血行と発毛には深い関係があるのです。

 

遠赤外線ってスゴイんですねー。

水分量が持続するため、指通りがかなり良くなるみたいです。

薄毛に悩んでいる方もそうですが、ロングヘアで髪の痛みが激しい方にとっても利用価値はありそうですね。

 

美容師さんたちがヘアビューザーをこぞって使用しているのも分かる気がします。

「使う度に髪が太くなる」という人もいるほど。

その効果は髪だけではなく、冷風を肌に当てるとリフトアップも期待出来るそうですよ!

ほ、欲しい・・・。

 

ヘアビューザーの使い方は?

ヘアビューザーの使い方ですが、冷風を上手く利用するのがコツのようです。

 

① 髪を洗った後、タオルで大まかな水分を取る。

② 初めは温風で簡単に乾かす。

③ 頭皮全体と髪の根元に冷風を当てる。

④ 再び温風にして、ブラシなどを使いブローする。

⑤ 最後に冷風を全体的に当てる。

※冷風を当てる時間は1分ぐらいが目安のようです。

 

髪を乾かす時はいつも温風しか使ってなかったので、冷風をそこまで意識したことはありませんでした。

ヘアビューザーの場合、よっぽどパワーのある冷風なんでしょうね・・・。

 

ヘアビューザーの口コミは?

ヘアビューザー使用者の口コミを集めてみました!

 

 

 

 

 

薄毛効果に関する口コミがないのは残念でしたが、ほぼほぼみなさん高評価のようでした。

1回の使用で効果があったという人もいれば、1週間~2週間ぐらいしてから実感できたという人もいて、その辺個人差はあるようですね。

中には「くせ毛が治った」というラッキーな人も。

やはり、ただのドライヤーではなさそうです。

 

ただ、「魔法のドライヤー」と呼ばれるだけあって、少々お値段は張りますね・・・。

 

ちなみにこちらは業務用で、よりスペシャルなバージョンとなっております。

 

ヘアアイロンも発売されたようで、こちらも評判は良いようです。

ドライヤーとダブルで使ったら、最強間違いなしだと思います(笑)

 

まとめ

ヘアビューザー、とにかく欲しいです!!

値段は高めですが、毎日使えてちゃんと効果があるのなら安いもんでしょう。

購入した暁には、使ってみた感想をレポートしたいと思います!

スポンサーリンク