EXILEなど人気グループが所属するLDHの2人組ユニット『BREATHE』が、突然解散することを発表しました!

公式サイトにメッセージを掲載する形での報告となり、ファンは動揺を隠し切れない様子・・・。

 

一体2人に何があったのでしょうか?

解散の真相と今後について調べてみました!

スポンサーリンク


BREATHE プロフィール

(写真左が多田、右が宮田)

 

多田和也(ただ かずや)

生年月日:1988年7月22日

出身地:大阪府

学歴:専門学校ESPミュージカルアカデミー卒業

 

宮田慧(みやた さとし)

生年月日:1984年7月28日

出身地:神奈川県

学歴:専修大学卒業、広瀬香美音楽学校卒業、EXPG出身

 

2010年、三代目J Soul Brothersのボーカルオーディション『VOCAL BATTLE AUDITION 2』のファイナリストに選ばれた多田と宮田が、審査員だった松尾潔に歌の才能を見出され、ユニット『BREATHE』を結成。

2011年12月、シングル『合鍵/White Lies』でデビュー。

2013年、39公演にも及ぶ初の全国ツアーを開催。

2016年4月28日、公式サイトにてユニット解散を発表。

 

 

解散の理由と真相は?

今回2人が“ユニット解散”という決断に至った理由ですが、よくありがちな「メンバー同士の不仲」や「方向性の違い」といったことではないようですね。

 

以下、多田さんのコメントの一部抜粋です。

当時からがむしゃらに駆け抜けてきたつもりでしたが、
大好きだった歌が、仕事として歌う中で、
歌とうまく向き合えない自分に気づくとともに、
今まで通り歌えない自分に、心の中で葛藤が生まれました。

慧くんともたくさん話し、たくさん相談してきましたが、
この不安は拭うことはできませんでした。
いろいろなことに向き合うたびに、慧くんとの広がる温度差に限界を感じるとともに、
今の状態でBREATHEにいることは、慧くんにも、
今までBREATHEを応援してくれた皆さまにも申し訳ない気持ちしかありません。
そのため、自分勝手ではありますが、
これ以上BREATHEを続けて行くことができないという結論に至りました。

 

とても苦しい胸の内が伝わってきますね・・・。

「好きなことは“趣味”としてやるのが一番良い」という言葉を聞いたことがありますが、やはり“仕事”として歌うとなれば、いろんなことが絡んでくるのではないかと思います。

CDセールスやライブの入りなども関わってくるでしょうし、ただ楽しく歌ってれば良いという訳にはいかないのが現状かと。

 

また、宮田さんもこのようにコメントしています。

和也とはEXILE presents VOCAL BATTLE AUDITION 2で出会い、
それから約6年という歳月をほぼ毎日のように隣で過ごしてきたので、
いろいろな意味で残念な気持ちでなりません。

もともと大好きだった歌が、表現者として歌うことだけではなく、
いろいろな事と向き合っていかなくてはいけないこの世界の中で、
和也自身気持ちがついていけなくなってしまったという事が、
BREATHEの活動終了を決めた一番の理由です。

心呼吸の皆様をはじめとする、BREATHEを支えてくださる方々の顔が頭に浮かび、
本当に苦渋の決断ではありましたが、
和也の人生でもあり、いろいろな話し合いの中で、最後は自分の意志で決断したことでもあったので、
和也のこれからの人生を応援する意味でも、僕はその想いを受け入れました。

スポンサーリンク


 

最終的に、多田さんの意思を尊重した形になったということですね。

宮田さんも多田さんも、お互いがお互いのことを考えているのが伝わってきます。

ファンとしても、不仲が理由でなかったのがせめてもの救いなのではないでしょうか。

 

2人の今後は?

気になる2人の今後についてですが、とりあえず宮田さんの方は今後も歌手活動を続けていく意向のようです。

所属事務所の話では、「今後はソロボーカリストとしてやっていく」とのことだったので、今の時点で新たに相方を募集するとか、どこかのグループに加入するといった感じではないみたいですね。

 

一方、多田さんについては、現時点では何も決まっていない状態のようです。

気持ちの整理などもあるでしょうから、少し休む時間が必要かもしれません。

コメントを読めば分かりますが、決して音楽を嫌いになった訳ではないと思うので、何らかの形でまた歌を再開する可能性もあるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

ファンの落胆ぶりはかなりのものですね・・・。

BREATHEの2人は別々の道を歩むことになりましたが、これからまた気持ち新たに頑張っていって欲しいと思います!

スポンサーリンク