人気インド料理レストランとして都内に5店舗ある『シャンティ(shanti)』で、インド人従業員(約15人)に対する賃金未払い問題が起きているようです。

どうやら、2015年3月あたりから賃金の遅延が始まり、その後給料は半額しか支払われないという状況に。

そして、2016年1月からはなんと無給!

外国人労働者を巡る賃金の不正は時々目にしますが、これはかなりヒドイですね・・・。

 

社長は一体誰なんでしょうか?

お店を巡る問題を含め、いろいろと調べてみました!

スポンサーリンク


インド人スタッフの現状

まず、最も大きく取り上げられているのが、賃金未払いの件。

2016年5月に労働基準監督署へ相談に行き、改めて確認したところ、スタッフ全体で未払い分が6200万円以上あるということが分かったそうです。

かなり巨額ですね・・・。

飲食店ということで時間も不規則ですし、1年以上も正当な給料が支払われていなかった訳ですから、積もり積もってそのぐらい大きい額になっちゃったんでしょう。

 

ちなみに、この問題が周知されるきっかけとなったのが、店舗の各所に貼られた張り紙です。

何度見ても胸が痛みます・・・。

 

「6月20日で解雇」と書かれてありますが、実際はもう少し早くなるかもしれません。

現在は店の売り上げを会社に渡しておらず、社長側からは6月17日までに店舗から退去することを求める通告書が出されています。

心配ですね・・・。

 

また、給与の他に深刻なのが、住まいの問題です。

現在、一部の従業員は住む部屋もなく、店で寝泊まりしている状態。以前は従業員13人でマンションの一室を借りて暮らしていましたが、2016年2月末ごろ、マンションが火災にあい、住む部屋だけでなく、私物もほとんどなくなってしまいました。ちなみに当時住んでいた部屋は会社の所有物で、家賃は1人あたり5~6万円ずつ毎月の給料から天引きされていた形。部屋の中は2段ベッドを5個ほど置くと、あとは歩くスペースくらいしか残らなかったそうです。

そんな生活環境なのに、月5万も徴収されてるのはちょっと考えられないですね。

これが事実なら、かなりピンハネしていた可能性大でしょう。

 

マンションが火事になったため、今は店で寝泊まりしているようです。

給料ももらえず、住むところもなく、何て言ったらいいのか・・・。

 

シャンティの社長は誰?

シャンティの社長の名前と顔を調べてみたところ、児玉政之という人物であることが分かりました。

顔の写真や画像は今のところ出回っていないようです。(※追記あり)

スポンサーリンク


 

児玉社長は現在都内に5店舗出店しており、そこそこ商売の経験があるような感じもしますが、経理上回っていないところを見ると、結局は素人だったのか、考えが甘かったのか。

不動産を持っているというような話もあるので、お金はあるけど支払いたくなかっただけなのか、よく分かりません。

 

 

スタッフの方の動画がありました。

張り紙に名前が載っていた方ですね。

 

この問題、これからどうなっていくのでしょうか・・・。

まずは最低限生活していくため、住まいの確保をしなければならないですね・・・。

 

【※追記】

6月27日、スタッフへの釈明のため、ついに児玉社長が姿を現したようです。

解決という感じではないようですが・・・。

 

 

 

 

 

 

まとめ

お店のファンだという方も多いようですね。

問題が大きくなって大勢の人に周知されて、何か解決法のようなものが見つかればいいのですが・・・。

まずは社長が賃金をしっかり払うのが再優先です!

スポンサーリンク