2016年夏の参院選が公示されました!

今回、自民党公認候補として岡山選挙区から出馬する小野田きみ氏。

“美人ハーフ候補”と言われる一方、自民党の北区総支部(東京)とのゴタゴタが週刊新潮に掲載されるなど、いろんな意味で何かと話題になっているようです。

 

ということで、今日は小野田きみ氏について調べてみました!

スポンサーリンク


小野田紀美のWikiや経歴は?

名前:小野田紀美(おのだ きみ)

生年月日:1982年12月7日

出身地:米国イリノイ州シカゴ(岡山県瀬戸内市育ち)

学歴:拓殖大学政経学部政治学科卒業

 

イギリス系アメリカ人の父親と日本人の母親との間に生まれ、1才の時に来日。

大学卒業後、CD及びゲームを制作する会社に3年間勤務。

2011年、東京都北区議会議員選挙に立候補し初当選。

2015年、2期目となる選挙で再選を果たすも、10月に辞職。

 

確かに綺麗な方ですね~。

「アン・ハサウェイに似ている」と言われるのも分かる気がします。

 

小野田紀美の旦那や子供は?

小野田氏の結婚について調べてみましたが、具体的な情報はありませんでした。

まあ、十中八九、独身で間違いないでしょうね・・・。

facebookやUPされている動画を見ても、旦那らしき人物の影すら見当たりません。

 

まだ33才ですもんね・・・。

政治家としてこれからという感じですし、結婚はまだまだ先でしょうか。

スポンサーリンク


 

自民党北区議団とトラブル?

今回小野田氏が岡山選挙区で擁立されるにあたり、昨年まで議員として務めていた北区の自民党区議団がかなりご立腹のようですね・・・。

どうやら、小野田氏が北区議2期目の当選後、相談もなしに岡山県連の公募に申し込み。

公認が決まってから報告してきたことが問題になっている模様。

うーん、確かにこれはちょっとまずかったような・・・。

 

しかも、区議に当選したのが4月、公募に申し込んだのが8月、公認されたと報告したのが9月、10月には辞職。

こうやって見ると、約7ヶ月しか在職期間がなかった訳ですね。

その上、8月の時点ですでに“区議辞職”を念頭においていたことになりますから、早すぎる感は否めません。

 

実際、自民党北区総支部が小野田氏に送ったとされる文章ですが・・・

〈著しい常識の欠落があり、議員・党員としての資質に極めて大きな問題がある〉

〈独断で物事を進める姿勢が自由民主党の党風及び社会人としての良識に著しく反している〉

などと書き連ねた上、

〈けじめとして離党すべきである〉

と、怒りの様子が現れています。

 

党から公認されていますし、抗議されたからと言って「離党」することはまずないと思いますが、イメージ的にあまり宜しくはないですね。

 

まとめ

これはもはや、参院選で当選し良い仕事をすることで認めてもらうしか方法はないような気がします。

事前調査では「若干有利である」とされている小野田氏。

結果はいかに??

⇒ 丹羽大(城田優の兄)のWikiや経歴は?嫁や子供も調べてみた!

スポンサーリンク