HKT48の新メンバーとして加入が決まっていた音嶋莉沙さんが、応募資格に違反していたという理由で合格取り消しになっていたことが分かりました。

今回問題となったのが「他のプロダクションに所属していない」という、芸能活動をする上では結構重要な部分。

 

音嶋さんが所属していたとされるプロダクションは一体どこなのでしょうか?

気になったので調べてみました!

スポンサーリンク


音嶋莉沙 プロフィール

名前:音嶋莉沙(おとしま りさ)

生年月日:1998年8月11日

出身地:福岡県

 

音嶋さんは、“iDOL Street”というプロジェクト内の候補生(ストリート生)として活動。

アイドルグループ『FUKUOKAはかたみにょんsweet』に所属していましたが、2016年3月21日に卒業しています。

 

ついこの間まで、別のグループで芸能活動していたんですね。

次のステップとして、HKT48のオーディションを受けたんでしょう。

 

ちなみに、HKT側が出したコメントは以下の通りです。

いつもHKT48への温かいご声援誠にありがとうございます。

 

先般、お披露目させていただいたHKT48 4期生の音嶋莉沙ですが、応募資格にございます「プロダクションに所属していない」という事項に反し、他のプロダクションに所属していることが判明したため、残念ながら合格を取り消すことになりました。

 

従いまして、出演予定でした「HKT48夏のホールツアー2016 ~HKTがAKB48グループを離脱?国民投票コンサート~」は不参加とさせていただきます。

 

楽しみにしていたファンの方々には申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

また、今回、残念ながら音嶋莉沙はHKT48のメンバーとしての活動はなくなりましたが、同じ世界で活躍していくとのことですので、いつの日か、また同じステージで、同じ景色が見れたならとHKT48メンバー・運営スタッフ一同、願っております。

 

所属していたプロダクションとは?

今回問題となった、音嶋さんが所属しているとされる“他のプロダクション”とは、一体どこなのでしょうか?

スポンサーリンク


 

調べてみたところ、どうやらavex(エイベックス)のようですね。

avexは、音嶋さんが以前活動していたアイドルグループの所属事務所。

このことから、音嶋さん側が契約期間を勘違いしていたのではないか?という声も。

 

 

契約関係っていろいろと複雑ですよね。

現にトラブルになっている芸能人も多数。

こじれると裁判沙汰にもなりかねませんから、非常に気を使う部分ではあるでしょう。

 

 

 

まとめ

いずれにせよ、残念な結果となってしまったようです。

再チャレンジとか可能なんでしょうか?

ひとまず事務所の契約が終了してから動くしか方法はないってことですね。

今回のことにめげず、これからも頑張って欲しいと思います!

スポンサーリンク