2016年、“バレエ界のアカデミー賞”と言われる『ブノワ賞』を受賞したバレリーナ・オニール八菜さん。

八菜さんは日本生まれなのですが、名前を見ると分かる通り“ハーフ”。

そう聞いただけで、長い手足を想像してしまいます(笑)

すでに国際コンクールでも受賞歴があるそうですが、一体どんな方なのでしょうか?

 

オニール八菜さんについて調べてみました!

スポンサーリンク


オニール八菜 プロフィール

名前:オニール八菜(おにーる はな)

生誕年:1993年1月8日

出身地:東京都世田谷区

 

3才からバレエを始める。

2001年 ニュージーランドへ移住。

2008年 オーストラリア・メルボルンのバレエ学校に入学。

2009年 ローザンヌ国際バレエコンクール優勝。

2010年 ユース・アメリカ。グランプリで金メダルを獲得。

2011年 パリ・オペラ座へ入団(シーズン契約ダンサー)。

2013年 パリ・オペラ座の正団員へ昇格。

2014年 ヴァルナ国際バレエコンクール銀賞(金賞なし)。

同年、パリ・オペラ座の新人賞に当たる『カルポー賞』受賞。

2015年 『白鳥の湖』の主役に抜擢。

2016年 『ブノワ賞』(女性ダンサー部門)に選ばれる。

 

八菜さんが踊る『ドン・キホーテ』の動画がありました。

美しいですね!

 

 

オニール八菜の身長は?

八菜さんの身長ですが、調べてみたところ172cmあるそうです!

ハーフということもあるとは思いますが、やはり背が高いですね。

舞台では、観客に対して自分を大きく見せることが重要になると思いますが、持って生まれた長い手足は大きなポイントでしょう。

 

スタイルもうらやましいほど完璧ですね。

顔立ちもハッキリしているので、ほとんど化粧しなくても充分際立ちます!

スポンサーリンク


 

オニール八菜の両親や国籍は?

八菜さんの両親は、父親がニュージーランド人、母親が日本人だそうです。

父親は元ラグビー選手。

高校時代から有力選手として活躍し、1988年に日本ラグビー界初の助っ人外国人として来日。

伊勢丹ラグビー部に所属し、1部リーグ昇格に貢献したとのこと。

母親は日本航空(JAL)の国際線CAだったそうで、昔から英語は堪能だったようです。

 

お2人は1992年にご結婚され、その翌年に八菜さんが誕生しています。

八菜さんは8才の頃に日本からニュージーランドへ引っ越していますが、父親の現役引退を機に移ったようです。

 

さて、気になる八菜さんの国籍ですが、つい最近まで日本とニュージーランドの二重国籍だった模様。

ですが、最終的には日本国籍を選んだようですね。

 

和食や和菓子が好きで、『とらや』のパリ支店へ行くこともあるそうです。

日本が本当に好きなんだと思います。

海外生活の方が長いはずですが、そういった話を聞くと嬉しくなりますね。

 

 

 

 

まとめ

どうやら八菜さんは、バレエだけではなく、人間的にも芯の通った素敵な方みたいですね。

ご自身の話だと、「オペラ座には定年まで所属するつもり」らしいので、今後日本で公演する機会もあるのではないでしょうか。

八菜さんに期待したいと思います!

スポンサーリンク