4年に1度開催されるオリンピックのテレビ中継で、必ずと言って良いほど見かけるオリンピックおじさん

日本の国旗をあしらったシルクハットや扇子を身につけ応援する姿が名物となっていますが、今回のリオ五輪行きは断念したようですね。

自身の高年齢や治安の悪さなどを懸念した家族に止められてしまった模様。

ですが、現実的に考えても妥当な判断だとは思います。

 

今日は、五輪おじさんについて調べてみました!

スポンサーリンク


五輪おじさん プロフィール

本名:山田直稔(やまだ なおとし)

生年月日:1926年4月16日

出身地:富山県

学歴:日本大学工学部建築学科 卒業

 

1964年に開催された東京オリンピックから、2012年のロンドンオリンピックまで、実に13大会連続でオリンピックの現地応援を続けてきた(冬季大会は長野五輪のみ)。

また、毎大会ごとに自作のチラシやパンフレットを持参し、会場にいる子供たちに配っている。

ちなみに今回も直前までリオへ行く予定だったため、チラシは作成済みだった(60数万円かかったらしい)。

 

【※追記】

山田さん、結局ブラジルまで行ったようですね(笑)

パリ経由でリオデジャネイロには17日に到着したとのこと。

閉会式の翌日まで滞在するそうです。

本当にスゴイ方ですね~。

 

五輪応援にかかる費用はいくら?

オリンピック開催都市までの距離や物価によっても大分差があるとは思いますが、山田さんが応援で捻出する費用はいくらぐらいなのでしょうか?

調べてみたところ、1大会あたり“1000万円以上”になるそうです!!

 

もちろん、全て山田さんの自腹。

特に援助など受けてはいないようですね。

山田さんは取材に対し、「普通は6000円程度のホテルが五輪期間中は20万円に跳ね上がる。20泊して400万円。あまりカネの話はできないが(1大会で)1000万円以上になる。何億のカネを使ったが、自分で稼いだもの」と語った。

 

各競技の観戦チケットの入手なども自分で行っているそうです。

もはや熱意が違いますね・・・。

 

五輪おじさんの職業は?

4年に1度とは言え、現地で応援するためには長期の休暇も必要ですし、多額の費用もかかる訳です。

それを50年も前から実行している山田さんの仕事は何なのか、非常に気になります・・・。

スポンサーリンク


 

調べてみたところ、山田さんは会社経営者でした!

1960年に浪速商事株式会社を設立し、現在は代表取締役会長とのこと。

主にワイヤーロープの販売を手がけている会社のようですが、他にも都内でホテル事を展開しているみたいですね。

 

やはり会社のトップでなければ、これだけ自由な行動は不可能でしょう・・・。

山田さんは“会長”ということなので、会社の直接的な業務は “社長” が行っているのかもしれません。

 

五輪おじさんは金持ち?

会社を経営していて会長という職に就いているならば、それは当然「金持ち」であるだろうと誰しもが思うでしょう。

ちなみに、山田さん本人は以下のように話しています。

「カネは使うばかりで、ハンパな金額じゃない。全部ポケットマネー。私のホテル事業は今、赤字なんだから。それでも世界の人々を喜ばせたい。」

 

今不景気ですから、どこも大変ですよね。

ですが、「赤字」と言えど、本当にヤバかったら海外になんて行けないでしょうし、ホテル以外の事業は上手くいってるんじゃないかと思います。

「金持ち」であることに間違いはないでしょう(笑)

 

 

 

 

まとめ

さすが、オリンピックの名物になっているだけありますね!

今回のオリンピック中継でも、山田さんがいないかついつい探してしまいそうです(笑)

4年後の東京オリンピックまで長生きして欲しいですねー。

⇒ リオオリンピック代表選手の勝負曲は?試合前に聴く音楽をチェック!

スポンサーリンク