リオオリンピックでのメダルが期待されている柔道男子60kg代表・高藤直寿選手。

同じ階級だと、3大会連続のオリンピック金メダルを獲得した野村忠宏選手が有名ですね。

前回のロンドンオリンピックでは、平岡拓晃選手が惜しくも銀でしたので、今回はより一層力が入ります。

 

今日は、高藤直寿選手について調べてみました!

スポンサーリンク


高藤直寿 プロフィール

名前:高藤直寿(たかとう なおひさ)

生年月日:1993年5月30日

出身地:栃木県下野市

身長:160cm

階級:60kg級

段位:4段

 

高藤選手は7才から柔道を始めました。

小学5年の時に全国大会で初優勝し、中学、高校でも日本一になっています。

高校1年の時に初出場した世界カデで優勝。

その後、東海大学に進学し、数多くの大会で優勝及び上位入賞を果たします。

卒業後はパーク24に所属し、リオオリンピック代表の座を掴みました。

 

高藤直寿の嫁は?

すでに結婚しており子供もいる高藤選手ですが、奥さんは一体どのような人なのでしょうか?

 

実は、高藤選手の奥さんも元柔道選手。

国際大会でも優勝経験があるぐらい強い選手だったようです。

年齢は高藤選手の4つ上なので、姉さん女房ですね。

 

2人は2014年6月に結婚していますが、当時高藤選手はまだ大学生だった模様。

どうやら“できちゃった結婚”だったようです。

お子さんは、それから4ヶ月後の10月に誕生しています。

 

もう少し大きくなったら、お子さんも道場に通うようになるかもしれませんね。

両親の姿を見れば、自然とやりたい気持ちも出てくるのではないでしょうか。

 

高藤直寿の肩車とは?

高藤選手にはとっておきの得意技があります。

それは“肩車”。

とは言え、従来の肩車ではなく、足を掴まずに相手を担ぐ独自のスタイルを確立しており、『直車』と呼ばれているようです。

 

『直車』で一本勝ちした試合の動画がありました。

スポンサーリンク


確かに、担いだ後に足を触っている様子はありません。

うまく相手の懐に入ることで、逃げ場をなくしています。

 

高藤選手の柔道には、その都度場面に合わせて技を繰り出すことが出来るという“臨機応変さ”があるようです。

「いつどんな技が出てくるか分からない」という、相手にとっては分析が難しいタイプの選手だと思います。

外国人選手との戦績が良いのは、こういった理由からかもしれません。

 

高藤直寿の耳の形が変?

高藤選手の名前を検索すると、「耳」という関連ワードが出てきます。

不思議に思い調べてみたところ、特徴的な耳の形が話題となっているようです。

 

確かに、そうですね。

この耳の形は柔道経験者によく見られ、特に柔道歴が長い人や強い選手に多いような気がします。

これは、寝技などにより耳が強く圧迫されることで腫れ、その部分に溜まった血腫が硬くなることで起こる「耳介血腫(じかいけっしゅ)」というものです。

私が現役の頃は、その見た目から「餃子耳」と呼んでました。

 

女性がそうなるのはちょっと嫌かもしれませんが、餃子耳になっている男子選手を見ると、それだけで「強いんだろうな~」と思ったものです。

まさに練習の賜物でしょう。

 

まとめ

柔道男子60kg級は、オリンピック開会式当日に試合ですね。

『直車』は出るのか?!

メダルの色は?!

私もテレビ中継を通してですが、リアルタイムで応援しようと思います!!

⇒ 近藤亜美(柔道48kg級)はかわいい?父親や彼氏について調べてみた!

⇒ テディリネール(柔道)は最強で筋肉がすごい!判定に不服の過去とは?

⇒ 藤井裕子(柔道コーチ)の経歴や出身大学は?旦那や子供も調べてみた!

⇒ 大野将平(柔道)の父や兄は?ライバルや筋肉も気になる!

⇒ 永瀬貴規(柔道)のグランドスラムの誤審とは?父や兄もチェック!

⇒ ポポレミセンガ(柔道)のWikiや経歴は?生い立ちも調べてみた!

⇒ 田知本遥は武井咲似でかわいい?姉やドーピング騒動が気になる!

スポンサーリンク