NHK『ひとりでできるもん!』の水沢舞(まいちゃん)役で人気だった平田実音さんがお亡くなりになったようです・・・。

数年続いた放送期間の中で、まいちゃん役は何回か変わったのですが、平田さんは“初代まいちゃん”を務めました。

私も放送開始当時は小学生だったこともあり、時々観ていた記憶があります。

いつも元気な印象が強かったので亡くなったという感じがせず、未だに信じられません。

 

今日は、平田実音さんの病気や死因について調べてみました。

スポンサーリンク


平田実音 プロフィール

名前:平田実音(ひらた みお)

生年月日:1983年6月1日

出身地:東京都港区

学歴:青山学院大学文学部心理学科 卒業

 

1985年 子供モデルとして芸能界入り。

1991年~ NHK『ひとりでできるもん!』で水沢舞を演じ、知名度を上げる。

2000年 NHK『みんなの広場だ!わんパーク』にミーオ役で出演。

その後、イベントや朗読会への出演、手話通訳といった活動を続けるも、ここ数年に渡り目立った芸能活動はしていなかった。

 

平田さんが出演していた『ひとりでできるもん!』の動画がありました!

このオープニング、平田さん自身が歌っているテーマ曲、全て懐かし過ぎます!!

ついこの間のような気がしますが、もう20年以上前なんですよね・・・。

時の流れを感じます。

 

平田実音は痩せすぎとの噂?

平田さんの名前を検索すると、「痩せすぎ」という関連ワードが出てきます。

『ひとりでできるもん!』に出演していた時はそんな感じは一切ありませんでしたが、一体どういうことなのでしょうか?

 

調べてみたところ、平田さんが高校生の頃に出演していた番組『みんなの広場だ!わんパーク』の画像が出回り、その細すぎる体型が「拒食症のようだ」と言われていた模様。

当時の平田さんはこちら。

腕を見ると、確かに細いですね。

15年も前の画像ですが、ちょっと心配になります・・・。

 

ですが、その後撮影されたと思われる写真の平田さんは健康そう!

スポンサーリンク


年頃の女の子は体型も変わりやすいですから、一時的なものだったのかもしれません。

仕事やプライベートでの忙しさも大きく関係しているでしょう。

青山学院には中等部から入っていたようですし、学業と芸能活動の両立は相当大変だったのではないかと思います。

 

平田実音の死因や病名は?

33才という若さで亡くなってしまった平田さん。

何か病気を患っていたのでしょうか?

 

どうやら平田さんは以前から体調が悪く、入退院を繰り返していたとのこと。

死因は「肝不全」のようですね。

肝臓の機能が極度に低下し、有毒物質の排出・解毒が行われなくなった状態。劇症肝炎・肝硬変・肝臓癌(がん)などでみられ、意識障害・黄疸(おうだん)・腹水・出血などの症状が現れる。

 

実際は癌である場合が多いそうです。

平田さんの具体的な病名は分かりませんが、何度も入退院していたところをみると、治療や完治が難しい病気だったと推測できます。

 

病気に年齢は関係ないんだなと改めて思った次第です。

平田さん、まだまだやりたいこともたくさんあったでしょう・・・。

 

 

 

 

まとめ

平田さんは、いつも明るくニコニコしていた印象しかありません。

こんなに早く亡くなるとは思っていなかったので、本当に残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク