2016年『ミス・ワールド』代表選考会が東京都内で行われ、今年の日本代表が決定しました!

6920人の中から見事グランプリに輝いたのは、吉川プリアンカさん(22)。

名前を見て分かる通り、ハーフだそうです。

一体どんな方なのでしょうか?

 

吉川プリアンカさんのプロフィールや職業、彼氏について調べてみました!

スポンサーリンク


吉川プリアンカのWikiやプロフィールは?

名前:吉川プリアンカ(よしかわ ぷりあんか)

生年月日:1994年1月20日

出身地:アメリカ

身長:176cm

 

父親がインド人、母親が日本人のハーフ。

米国に生まれ、9才の時に1年間インドで生活。

現在は東京都在住。

英検2級の資格を持ち、日本語、英語の他、ベンガル語も話すトライリンガル。

また、象に乗るための“象使い”の資格も取得。

 

吉川さん、語学が堪能な才女のようですね。

しかも、インド人である父親の影響なのか、象使いの免許まで・・・(笑)

いろんな経験が生きてこそ、内面の輝きが増すんでしょう!

国内外で生活してきたことがプラスに働いたんだと思います。

 

吉川プリアンカの職業は?

吉川さんの職業ですが、現在モデル医療通訳を兼業しているようです。

特定の芸能事務所には所属していないそうなので、モデルの仕事と通訳をうまく両立できているんでしょう。

ちなみに通訳している言語は、日本語と英語だそうです。

 

ベンガル語も話せるようですが、通訳(仕事)となると難しいんでしょうか?

ベンガル語は、別名“バングラ語”とも呼ばれ、バングラディシュやインドの一部の地域で話されている言葉だそうです。

この言語を使用している人は2億人と意外に多く、使用人口は世界で7番目とのこと。

 

インドでも使われている言葉のようなので、吉川さんも父親が話していたのを自然に覚えた感じなのかもしれません。

今後の活動について、インド映画(ボリウッド)への進出も考えているようですね。

「ボリウッドはヒンディー語を勉強しないといけないけど、機会があればぜひ」。女優として父親の母国での映画出演にも挑戦する意向だ。

 

アメリカで生まれ、外では英語を話し、家の中ではベンガル語と日本語が飛び交っていたでしょうから、かなり国際的な環境ですね(笑)

うらやましいこと限りなし・・・。

 

また、モデル業もしていたということで、そのあたりも調べてみました。

吉川さんは2013年に、ケイエスティワールド『GEN-MY』のイメージモデルを務めていたようです。

スポンサーリンク


酵素ドリンクの広告のようですが、スタイル抜群な上に健康的でイメージにピッタリですね。

 

吉川プリアンカの彼氏は?

吉川さんの熱愛や彼氏の噂を調べてみましたが、今のところ情報はないようです。

“特別な人”がいる可能性は高いと思いますが、実際はどうなんでしょうか。

 

ですが、もし交際している男性がいたとしても、今回の受賞を期に多忙になることは必須。

吉川さんはインドで生活していた時に貧富の差を肌で感じたそうで、将来的にボランティアや支援活動に力を入れたいと言っています。

恋愛に時間を割いている暇はなくなるかもしれませんね・・・。

 

何か新しい情報が入り次第、追記したいと思います!

 

 

 

 

 

まとめ

本選にあたる『ミス・ワールド世界大会』は、11月~12月にアメリカで開催予定とのこと。

まだ、同コンテストでの日本人優勝者はいないそうです!

結果が楽しみですね~。

吉川プリアンカさん、頑張ってください!!

⇒ 蜂谷晏海のWikiやプロフィールは?出身高校や熱愛彼氏もチェック!

⇒ 糸瀬七葉のプロフィールや出身中学は?身長や体重も気になる!

スポンサーリンク