間もなく紅葉の時期ですね。

山形県を代表する紅葉の名所と言えば、山寺(立石寺)ではないでしょうか。

山寺は年間を通して四季折々の風景が見られ、どの季節に訪れても楽しめる絶好のスポットとなっています。

 

ということで今日は、山寺(立石寺)の紅葉の時期や混雑状況、ライトアップについて調べてみました!

スポンサーリンク


山寺(立石寺)について

◎住所:山形県山形市山寺4456-1

◎電話:023-695-2816(山寺観光案内所)

◎拝観料:大人300円 / 中学生200円 / 小人(4才~)100円

◎時間:8:00~17:00(受付16:30まで)

◎アクセス:

・公共機関 / JR仙山線 山寺駅下車 徒歩7分

・車 / 山形自動車道山形北ICから国道13号経由し、県道19号を8km

◎駐車場:あり(有料500円 )

 

 

どうやら、『山寺』という呼び名は通称のようです。

『宝珠山立石寺(ほうじゅさんりっしゃくじ)』が正式名称とのこと。

 

貞観2年(860)、第三世天台座主慈覚大師円仁が開いた、天台宗の御山で東北を代表する霊山です。

「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」という松尾芭蕉の句でも知られています。

 

立石寺は昔から「縁切り寺」と呼ばれ、悪縁を切ってくれるパワースポットとしても有名です。

“悪縁を切り、良い縁を呼びこむ”というご利益があるそうです。

 

 

紅葉の見頃や時期は?

山寺の紅葉の見頃は、例年で言うと10月下旬~11月上旬あたりのようです。

山形はこのぐらいの時期になってくると、冷え込みが厳しくなってくるので、防寒対策はしっかりしておいた方が無難ですね。

 

観ることが出来る主な紅葉樹の種類は、以下の通りです。

◎モミジ

 

◎イチョウ

 

◎ブナ

 

◎サクラ

スポンサーリンク


 

面白山高原駅(山寺駅の隣)から出発するトレッキングコースもあり、紅葉に染まった山並みを眺めながら2時間~3時間かけて歩くことも可能なようです。

モデルコースに含まれている紅葉川渓谷は、おすすめスポットとして人気があります。

 

紅葉のライトアップは?

「光のロード」と呼ばれる山寺のライトアップ。

昼だけでなく夜まで十分に楽しめるということですね。

 

期間:10月23日~11月6日

時間:18:00~21:00

 

日中観ることの出来る色鮮やかな山寺とは違い、こちらは非常に幻想的です。

光の中に浮かび上がる宝珠山は実に神秘的で、厳かな気分を味わうことができるでしょう。

 

紅葉時期の混雑状況は?

山形で最も人気がある紅葉の名所だけあって、シーズン中は基本的にいつでも混雑しているようです。

とは言え、やはり週末や祝日に比べると、平日は幾分マシかもしれません。

 

例年10月下旬から色づき始め、11月に入った頃が紅葉のピークだとすると、11月の第1週が最も混雑するのではないかと思います。

時間帯によっては渋滞の可能性大です!!

 

 

 

 

 

まとめ

山寺自体がパワースポットですので、ただ行くだけで何かしら良いことがあるような気がします。

山一面が紅葉に染まる景色は圧巻でしょうね。

たまには遠方まで足を伸ばしてみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク