「ハマの番長」こと三浦大輔投手が、今季限りで現役を引退すると発表しました。

プロ野球選手として、なんと25年もの間現役を貫き、その功績は本当に素晴らしいものだと思います!

横浜を愛し、愛された三浦投手の引退に寂しさを感じているファンも大勢いることでしょう・・・。

 

今日は、DeNA・三浦大輔投手について調べてみました!

スポンサーリンク


三浦大輔 プロフィール

名前:三浦大輔(みうら だいすけ)

生年月日::1973年12月25日

出身地:奈良県橿原市

身長:183cm

学歴:高田商業高校

 

小学校時代から、弟と共に地元のリトルリーグで活躍。

1991年 ドラフトで『横浜大洋ホエールズ』から6位指名され、プロ入り。

1992年10月7日 読売ジャイアンツ戦にて一軍デビュー(3番投手)。

2004年 アテネオリンピックの日本代表選手に選出され、銅メダル。

2005年 セ・リーグ「最優秀防御率」及び「最多奪三振」のタイトルを初獲得。

2011年 競馬馬「リーゼントブルース」を所有。

2014年 現役選手ながら一軍の投手コーチも兼任。

2016年 「プロ野球の公式戦で投手が安打を放った最多連続年数」がギネス世界記録に認定。

同年9月20日 現役引退を発表。

 

三浦投手は2008年のFA宣言した際、横浜のファンから引き留められ、他球団への移籍を留まった経緯がありました。

最終的には本人の意思で動くものだとは思いますが、周囲からどれだけ大事に思われているのかが分かるエピソードの1つですね。

 

そして、三浦投手と言えば、トレードマークの “リーゼント” でしょう!

「番長」と呼ばれるだけありますね(笑)

馬の名前にまで「リーゼント」を用いていますから・・・。

 

三浦大輔の引退理由や今後は?

 

三浦投手の引退理由ですが、やはり現役最年長として頑張ってきたものの、体力的な問題や成績不振など感じ始めていたようですね。

 

今季はここまで2試合の先発で、直近は16日の阪神戦(甲子園)だった。4回1/3を投げ、被安打6、2失点で今季2敗目を喫した。登板後は「内容がどうであれ負けたらダメ。気持ちを込めて投げたが、ボールをコントロール出来なかった。チームが勝つためにやっている。負けてしまった訳だからそれが全て」と悔しがった。

 球界最年長となった今季は、プロ野球最長となる24年連続勝利を目指したが、2度の先発で勝ち星はなく、0勝2敗、防御率8・64の成績だった。

 

結局のところ、重要なのは「勝てるかどうか」でしょうからね。

鳴り物入りで入団した選手ですら、“戦力外通告”されることも多々ありますし、プロの世界は本当に厳しいと思います。

スポンサーリンク


 

さて、三浦投手の気になる今後ですが、“監督”として野球界に残って欲しいという声が多数上がっているようです。

これまでの輝かしい功績もありますし、ファンとしては「これからもユニフォームを着ていて欲しい」という願望があるんでしょう。

監督としてチームをどう引っ張っていくのか、確かに見てみたい気もします。

 

三浦大輔の嫁や娘は?

三浦投手には美人と噂される奥さんがいらっしゃるようです。

なんでも遠距離恋愛で結婚したとか。

ただ、一般人であるため写真など一切出回っておらず、細かい情報は分かりませんでした。

 

三浦投手に対して時々発破をかけたりもするらしく、しっかりした奥さんみたいですね。

プロ野球選手の妻はやはり強くなければ務まらないのかもしれません。

 

それから、三浦投手には息子と娘、2人のお子さんがいるようです。

こちらも特に情報という情報はなかったのですが、唯一写真が1枚・・・。

隣に座っているのが娘さんとのこと。

父娘でドライブでしょうか?

仲良さそうですね。

 

三浦投手はこれまで特に大きなスキャンダルもなかったようですし、家族のため“野球ひとすじ”でやってきたんでしょう!

選手としても一家の大黒柱としても、かっこいいですね!

 

 

 

 

 

まとめ

報道によると、三浦投手の引退試合は9月24日の巨人戦が濃厚とのこと。

この一報があった直後、チケット販売のページにアクセスが集中し、一時繋がらなくなっていたようですね。

まあ、そうなるのも当然だと思います!

三浦投手は本当に愛されてますから!

スポンサーリンク