今カーレースの世界で注目されている若手選手がいます。

『2016FIA-F4選手権』第11戦で初優勝を果たした大滝拓也選手です!

大滝選手は現在大学3年生。

学業と両立しながら練習に励み、レースに挑んでいます。

 

今日は、フォーミラーカーレーサー・大滝拓也選手について調べてみました!

スポンサーリンク


大滝拓也のWikiや経歴は?

名前:大滝拓也(おおたき たくや)

生年月日:1995年10月11日

出身地:山形県山形市

身長:172cm

 

大滝選手がレーサーを目指すきっかけとなったのが、小さい頃から兄弟でやっていた「グランツーリスモ」(プレステのレースゲーム)。

ゲームの腕前は兄弟の中でもずば抜けていたそうで、その頃から鈴鹿サーキットを世界最速タイムで走っていた模様(もちろんゲームの中での話)。

 

大滝選手がレーシングカートを始めたのは中学3年の時。

早い子だと4才ぐらいからカートに乗るらしく、そう考えると大滝選手は遅めのスタートと言えますね。

 

その後、地方のレースで優勝を重ねますが、“カートで世界一になってもF1ドライバーになれない”ことを知り、SRS-F(鈴鹿サーキットレーシングスクールフォーミュラ)で学ぶことを決意します。

しかし金銭的に苦しく、資金集めのために2年間活動をストップし、アルバイトでお金を貯めていたとのこと。

ちょうど大学へ進学した時期だったようですが、サークルやイベントに目もくれず、学業とバイトの毎日。

 

そして大学2年生になった2015年、ついにSRS-Fへ入校。

経験が少ないながらも実力が評価され、スカラシップ選考会へ。

残念ながら、大滝選手はスカラシップに選ばれなかったのですが、“SRSコチラレーシング”としての枠を得ることができ、レースへの参戦が可能に。

 

2016年8月27日、ランキング16位から巻き返し『FIA-F4選手権』で見事優勝。

 

ただただ本当に素晴らしいなと思います。

人一倍熱意があって、資金面も自分の力でカバーして、立派ですね!

表彰台では感極まって涙を流していたそうですが、それだけ頑張ってきたということでしょう。

「僕が目指しているのは日本人初のF1チャンピオン。まだまだ通過点、さらなる努力と成長をする。次のツインリンクもてぎのレースでの目標も、もちろんポールトゥウィン」と次のレースを見据える。

 

大滝拓也の出身高校と大学は?

大滝選手はどこの高校に通っていたのでしょうか?

調べてみたところ、

山形県立 山形工業高校

のようです。

 

大滝さん、小学生の頃に発明家になるという夢もあったらしく、化学と工学を学べる進路を考えていたとのこと。

それで工業高校を選んだんでしょう。

 

そして、現在通っている大学が、

山形大学

スポンサーリンク


工学部物質化学工学科に在籍しているそうです。

 

レーサーとして活動していると大学に行ける時間が少ないのですが、単位を落としてしまうともったいないので、大学に行っている時には取れるだけ取ろうとしています。期限は徹夜してでも守り、レースが忙しくても学業をおろそかにしないように気を付けています。

 

ちゃんと学生してますね、偉い!!

大学も大滝選手を全面的に応援しているようで、スポンサーにもなっているようです。

自分の母校がバックアップしてくれるのというのは心強いですね!

なおさら留年できません(笑)

 

スポーツでもなんでも、スポンサーの存在って重要なんですね。

大滝さんも、大会に出場するのに1000万円以上を負担しなければならないそうで・・・。

レースや練習以外は、自ら企業を回ってスポンサー集めをしているとのこと。

いや~考えるだけで大変ですね。

 

現在も随時募集中だそうです。

スポンサーとなることで、ヘルメット、レーシングスーツ、マシンなどを通してPRすることができます。詳しくは、以下のアドレスからお問い合わせください。

▼お問合わせ先
o.t.speedster@gmail.com

 

また、大滝選手のオンライン後援会もあるようですね。

⇒ 大滝拓也選手 オンライン後援会

 

 

 

 

まとめ

大滝選手の走りに多くの方が感動していたようですね。

ファンもこれからどんどん増えるでしょう!

あと約1年半、学業と並行してレースに参戦していく訳ですが、とにかく頑張って欲しいと思います!!

スポンサーリンク