カミソリや毛抜きを使った

自己処理や衣類による摩擦、加齢や乾燥など

色素沈着黒ずみができる

要因はたくさんあります。

 

 

それだけ肌にかかっている負担が

大きいということですし、

見た目的にも良くないので、

どうにかしたいと思っている方も

多いのではないでしょうか?

 

エステサロンやクリニックで

脱毛の施術してもらうことで

色素沈着並びに黒ずみが改善できる

場合があります。

 

ムダ毛がなくなり

肌がツルツルになるだけでなく、

透明感のある肌になれたら、

誰でも嬉しいですよね。

 

脱毛が色素沈着や黒ずみに有効なのはなぜ?

でも、どうして色素沈着や黒ずみに

効果があるのでしょうか?

 

それは、脱毛の施術で用いる光の特徴

が関係しています。

 

エステサロンやクリニックでは

光線を活用した脱毛が行われていますが、

これらの方法がムダ毛に有効なのは

毛根に存在するメラニン色素に

対して反応するからです。

 

照射することでメラニン色素に

ダメージを蓄積させていきますので、

結果的に毛根が弱体化して

脱毛することができるんですね。

 

しかしながら、

光線を照射した際に負荷がかかるのは

ムダ毛だけではありません。

 

この“光線”は黒い色素に

反応する性質がありますので、

色素沈着や黒ずみに対しても

ダメージを与えることができるのです。

 

ただし注意して欲しいのが、

効果としてはそれほど高くないという点。

 

“脱毛”はあくまでもムダ毛を

処理するための施術であり、

色素沈着や黒ずみを消すことに

重点は置いていません。

 

つまり、都合良く薄くなることもあれば、

あまり大きな変化は見られない

こともありますので、

おまけとしての効果と考えて

おいた方が良いと言えます。

 

逆に色素沈着を起こしてしまうケースも!

また、反対に色素沈着を起こしてしまう

場合があるということも

理解しておかなければなりません。

 

メラニン色素に光線が反応することで

薄くなることがある一方で、反対に

光線の力でメラニン色素が定着してしまい

色素沈着を起こしてしまう

ケースもあるのです。

 

実際に脱毛を受けたことで

黒ずみができてしまったという

事例も発生していますので、

リスクがあることも

知っておいた方が良いでしょう。

 

リスク軽減のための注意点は?

そうしたトラブルを防止するには、

基本的に肌に対しての負担が

小さい施術をすることが大切です。

 

特に肌が弱い場合は炎症を起こしやすく、

その結果、色素沈着になることが

ありますので、

照射の出力を調整してもらったり、

アフターケアを十分に行うといった

工夫が必要となります。

 

0127_1

脱毛サロン ランキングはこちら!

スポンサーリンク


スポンサーリンク