東京都内の路上や上野公園などの観光地で

僧侶のふりをしていた男が逮捕されました。

 

男の名前は中国籍

陳先楼(ちんせんろう)容疑者。

 

外国人観光客を相手に

数珠や御札を無許可販売したり、

嘘をついて寄付を募ったりしていた模様。

 

ちょうど今朝のニュースで

偽僧侶たちの様子を特集しており、

「酷いな~」と思いながら

観ていたところでした。

 

それによると、どうやらこの輩たち、

昨年も同じようなことをして

多額の収入を得ていたようですね。

 

組織としてやっているのか、

偽僧侶は複数人いるようなので、

全員逮捕してもらいたいところです。

 

今日は、陳先楼(ちんせんろう)容疑者

について調べてみました!

スポンサーリンク


陳先楼の経歴や職業は?

名前:陳先楼(ちんせんろう)

国籍:中国

年齢:54才

 

陳容疑者は中国人。

 

日本には2月頃に短期滞在ビザで

入国したようです。

 

このビザは基本的に、観光などの

目的で入国したことになっていますので、

働いたり収入を得るようなことは

一切禁止されています

 

期間も90日の滞在と決まっていますので

もし期限までに出国しない場合は

不法滞在ということになりますが、

どうやら偽僧侶たちは毎年

この時期になると入国する模様

 

お花見シーズンで過ごしやすく

外国人客が多い時期を狙っているんでしょう。

 

たんまり稼いで帰るという

“ちょっとした季節労働”的な感じ

なのかもしれません。

スポンサーリンク


陳容疑者の職業はだそうです。

 

あくまで自称ですので、

信憑性や中国で何をしていた人物なのか

知り得る術はありません。

 

大きな会社に勤務しているとか

何か役職に就いているという訳ではない

ようなので、具体的な経歴は不明です。

 

まあ、そういうちゃんとしている人だったら

偽僧侶なんてやらないですけどね。

 

 

 

 

まとめ

随分前から問題視はされていたようですが

実際に警察が動いたのは初めてなんですね。

 

わざわざ日本に来て、犯罪を働いて

日本のイメージが悪くなるようなことを

するなんて、本当に迷惑な話です。

 

これを機会に偽僧侶詐欺を完全撲滅して

今年、そして来年以降、

同じ被害に遭う観光客が

いなくなれば良いなと思います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク