飛行機の長時間移動を快適に!機内でのお役立ちアイテムおすすめ8選!

私は、飛行機や新幹線、車など

基本的に乗り物が好きなのですが、

極端な長距離移動となると話はまた別です。

 

海外で長期滞在していたこともあり、

長時間のフライトも複数回経験している私が

機内で使えるおすすめ便利グッズ

紹介したいと思います!

スポンサーリンク


機内で使えるお役立ちグッズ8選!

フットレスト

新幹線ですと各座席に

フットレストが備え付けてあるので、

足が辛い時など休ませることが出来ますが、

飛行機はそういった設備もなく、

足もむくみやすいです。

 

そんな時に使えるのが

携帯できるフットレストです。

 

 

折りたためるので場所もとらず、

使いたい時にスッと取り出せます。

 

紐の長さが調節出来るものですと、

自分の好みの高さに設定可能なので

ふくらはぎを乗せることもでき、

大変便利です。

 

ネックピロー

ネックピローは元々

友人からの勧めで使い始めたのですが、

あるのとないのでは雲泥の差です。

 

最近では新幹線での移動時も

必ず持って行くようになりました。

 

ネックピローもいろんな種類があり

中にビーズが入っているものや

空気を入れて膨らますタイプのものまで

様々です。

 

 

こちらのネックピローは

首に巻くだけでなく、折り曲げたり

形を変えて使うことができ、

使い勝手の良さを考えると

かなりオススメです。

 

エアークッション

長時間の移動で意外と

ダメージを受けるのが腰です。

 

普段腰に異常がない私ですら

辛いと感じる時があるので、

腰痛持ちの方はそれ以上でしょう・・・。

 

エアークッションを使えば

腰の負担を軽くすることが出来ます。

 

 

長めのシートであれば、

腰だけでなくお尻が痛くなるのを

防ぐ効果もあります。

 

エコノミーシートしか利用の経験がない

私にとって救世主とも言えるアイテムです。

 

アイマスク

フライトの間、数時間は寝ている

という方がほとんどだと思います。

 

私は寝る時に明るいとダメなタイプなので、

機内でも必ずアイマスクを使います。

 

アイマスクは安いものですと

100円ショップで購入も出来ますが、

「長時間着用したままで快適に眠れるか」

ということを考えると、

まぶたに当たる部分の生地の質や

ストラップの締め付けなども

考慮する必要があるかと思います。

 

 

こちらのアイマスクは遮光性も高く、

また着用の際の圧迫感も少ないので、

アイマスクが苦手な方にもおすすめです。

 

また、新幹線や国内線など

移動時間が比較的短い場合、

私は、蒸気が出る使い切りの

アイマスクを使用することが多いです。

 

 

「眼精疲労にはホットタオルが良い」

と聞きますが、

目を温めることで同じような効果があり

本当に疲れが取れてリラックス出来ます。

スポンサーリンク


耳栓

機内で安眠するためのアイテムで

外せないのが耳栓です。

 

様々な種類のものがありますが、

周囲の音をシャットアウトする目的以外に

気圧の影響を受けにくくする機能を

兼ね備えた耳栓もあります。

 

 

私も数年前に軽度の中耳炎を患い、

それ以来飛行機に乗る際は

多少不安になったりするのですが、

幸いにも今のところ

耳に激痛が走ったことはありません。

 

本当にひどいと飛行機を降りた後も

頭痛や耳の痛みが続くそうなので、

そういう方は気圧調整機能が付いた耳栓を

一度試してみてはいかがでしょうか。

 

マスク

機内は恐ろしく乾燥しています。

 

水分補給をマメにしていても

飛行機を降りた後、

喉がイガイガしているなんてことも。

 

私は普段でもよくマスクを

着用しているのですが、

特に乾燥する機内では、

加湿効果のあるマスクを使っています。

 

 

初めはなんとなく

慣れない感じがするかもしれませんが、

付けているうちに

違和感はなくなっていくと思います。

 

それより何より、

まずは乾燥防止が最優先です!

 

携帯用シューズ

長時間座っていると

足もむくみやすくなります。

 

携帯用のスリッパでも良いとは思いますが、

トイレへ行く時など、

機内でのちょっとした移動を考えると

携帯用シューズの方が便利だと思います。

 

 

柔らかめの素材であれば

締め付けられる感じもありませんし、

足も痛くなりにくいです。

 

また、コンパクトにたためるタイプであれば

持ち運びする際も場所を取りません。

 

薄手のパーカー

自分好みの温度調節が出来ない機内。

 

ブランケットを借りることも出来ますが、

薄手のパーカーが1枚あると

何かと役に立ちます。

 

 

カーディガンでも悪くはないのですが、

パーカーであれば

ちょっと寒いなと感じた時に

フードをかぶることでより防寒できます。

 

まとめ

あくまで個人的な意見ではありますが、

とりあえずこれだけ用意しておけば

ある程度対処できるかと思います。

 

海外旅行へ行く機会が多い方などは

自分なりの快適アイテムを探してみるのも

良いかもしれません。

 

⇒ オーストラリアの食べ物でオススメは?名物をランキングで紹介!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)