重田光時(タイ代理出産)の顔写真や出身大学は?父親と資産が気になる!

2014年にバンコクのアパートで

多数の乳幼児が見つかったというニュースを

覚えていますか?

 

当時とても騒がれていたので、

私自身とても印象に残っています。

 

この乳幼児の父親が日本人男性で、

全て代理母に産ませていたということが

大きな話題となりました。

 

当初、匿名報道されていましたが、

現地タイでは実名公表されており、

結果的にその日本人男性が

重田光時氏であると判明しました。

スポンサーリンク


重田光時の顔写真は?

報道によると、重田光時氏は

13人の子供の父親で

DNA鑑定も済んでいるとのこと。

 

実際には他の国でも

代理出産させていたようで、

子供の人数はもっと多いみたいですね。

 

そんなにたくさん子供がいるなら

そこそこ年齢もいっていると

思うかもしれませんが、

重田氏は現在20代後半。

 

問題が発覚した当時(4年前)は

まだ24才だった模様。

 

 

2013年に発行されたパスポートの

写真を見ても、若いですもんね。

 

重田光時の父親は?

重田光時氏の父親が大企業の創業者である

という噂は以前からありましたが、

どうやらその人物というのが、

『光通信』の重田康光会長だったようです。

 

 

重田康光会長は、

1999年に世界第5位の大富豪となり、

アメリカの経済誌の表紙になったことも。

 

一時期、経営がうまくいかなくなった

時期もあったようですが、

現在は回復し、事業は順調なようです。

 

ちなみに息子の重田光時氏は

3人兄弟の長男とのこと。

 

いわゆる御曹司ですね。

 

弟2人がどこで何してるのかも

ちょっと気になります。

スポンサーリンク


重田光時の出身大学は?

重田光時氏に関しての情報は

様々飛び交っているようですが、

出身大学については

・立教大学

・香港大学

この2つの説があるようです

 

高校が立教新座高校で、

そのまま立教大学へ進んだという話と、

高校在学中に香港へ留学したという話と

どちらが本当なのか

ハッキリしたことは分かっていません。

 

ただ、立教新座高校出身ということなので

頭が良いのは確かだと思います。

 

偏差値が70ぐらいの高校なので、

入学するのも難しいレベルですね。

 

重田光時の資産は?

IT大企業『光通信』代表取締役の長男である

重田光時氏の資産は

一体どのぐらいなのでしょうか?

 

重田氏は『光通信』の多額の株を保有し、

資産は70億円以上言われています

 

さすが、大企業の長男なだけありますね。

 

また、重田氏は

「毎年10人~15人子供が欲しい」

「100人~1000人の子供をもうけたい」

と話しており、

実際、生まれた子供の養育費や

代理母への謝礼などで

多額のお金が動いていたようです。

 

株は保有していれば配当金がもらえますので

金銭的に困ることはないんでしょう。

 

自分の子供をたくさん欲しいと思っている

その意図に関しても、

「多くの後継者を得るため」と話しており、

あまりにも莫大な資産のために

生まれた子供が利用されているだけ

のような気がします。

 

愛情を持って育てられないのであれば

子供だけがかわいそうなことに・・・。

 

事件発覚から4年経ち、この度、

バンコクの裁判所が重田光時氏に

子供の親権を認める判決を出しましたが、

どうもモヤモヤしたままです。

 

まとめ

記事をまとめると・・・

・重田光時氏は立教大学か香港大学出身の可能性あり。

・重田光時氏の父親は『光通信』代表取締役の重田康光氏。

・重田光時氏の資産は70億円以上。

 

生まれた子供に罪はないので、

ちゃんとした環境で普通に

育っていけば良いなと思いますが、

そうもいかない感じが強くて

本当に複雑な気持ちです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)